2013年10月15日

【マレーシア】 その7 〜マラッカ→KL→現実世界〜

あぁ〜やっぱ寝不足だぁ・・・
なんて思いながらペンパルが迎えに来てくれバス停へ。
色々ありがとね。
バスに乗ると隣に中国系のお姉さんが座って話し掛けてきた。
ガイドブック見てると日本人ですか??って。
夏に日本に来てたらしい。19歳の女子大生。
若いっていいねぇ。

2時間後、KLに到着。 メールアドレスを交換して別れた。
これが次の旅につながるなんて思ってもみなかった。不思議だなぁ

さて、ここから電車電車に乗り今宵の宿泊地空港ホテルに向おうと・・・。
とりあえず駅まで行ったのだが、目的の駅の所にunder constructionって。
え〜、行けないのぉ・・・。
急遽目的地を変更して7駅ほど行った所で降りた。
そこで駅員さんが次の電車は50分後だよ〜〜って。
まじっすかぁ〜〜。
そこはとても田舎で特にすることもないのでぼけ〜〜〜っと待ってた。
しか〜し、特急電車3本くらい通過したではないか。
やはり最初の目的の駅から行けたのね。騙された。
まぁとにかく空港に着き、
リムジンバスまで辿り着くことができ無事ホテルへ到着。

ホテルはリゾート仕様とのことで全部平屋建てであった。
散歩するにはいい感じだ。

おなかも空いたんだけど、 ちらっとレストランに行くとどうもチケットないとだめみたい。
聞くのもめんどくさいし(これだから英語喋れるようにならないんだよな)
せっかくなのでルームサービスレストランを頼むことにした。
おぉ〜〜、日本でも頼んだことないのに。 ナシゴレンというチャーハンとサテという焼鳥を注文。
チャーハンはなぜかじゃこ天が入っていた。
きっと日本料理のレストランがあるのでそこで使ってるんでは?と推測される。
サテはココナッツのたれにつけて食べるのだが、
焼鳥自体もココナッツで味付けされてるらしく甘くて美味しかった

こうしてマレーシア最後の夜は更けていき、翌日帰国の途についたのであった。





スポンサーリンク

【マレーシア】 その6 〜マラッカ最終日、ぼったくられ、愛の告白!?〜

朝8時頃部屋のドアの下に手紙が。
早速見るとペンパルからであった。
ボスがKLに行ってしまって今日の食事会はキャンセル。
が〜んもうやだ〜(悲しい顔)
まぁでも明日、11時にバス停まで送ってくれると書いてあったのでいいか。
ということで今日は1日フリー。
最終日だし色々見て回るかなぁ。

まずは両替。
そろそろ旅の資金も危うくなってきたので 新たに1万円を両替した。
懐も潤った所でいつもの如くショッピングセンター内で朝食。
スープと卵サンドとドリンクで250円なり。
やっぱ安いよなぁ。

せっかくこっちに来たし絵葉書でも出すかなぁ
ということで郵便局を目指しているとトライショーのおじさんに捕まってしまった。
でも乗りたかったのでいいかぁ〜と思って乗ったが・・・ 
1時間25RMのはずが3時間くらい連れまわされ、
しかも料金は5時間分で140RM・・・
ぼったくられたぁ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
しかしおじさんサングラスかけて怖かったのでおとなしく餌食になりました。
まぁこれもいい経験、ということにしよう。
こういうとき英語がぱっと出てこないからだめだね〜。
トライショーとは人力車の自転車版って感じで、
おじさんが自転車漕いで 色々観光名所を回ってくれる。
暑い中歩くのはとても大変だし、
観光名所は点在しておりちょっと歩いて回るには距離があるので お金に余裕がある人にはいいと思う。

↑トライショー。


↑サンチャゴ砦


↑船の博物館

くやし〜〜って思いながらショッピングセンターの近くのおみやげ屋さんに行くと そこのお兄さんがいい人だった。
愛の告白を受けた(笑)ダンスに誘われたぞ。
キーホルダー1個サービスしてくれて裏に名前と電話番号を書いていた。
ちなみに今でもそのキーホルダーは持ってる。
まぁもちろん踊りには行かなかったけど。

宿に戻りめぞん一刻の続きをぼ〜っと読んでて 8時くらいになったので 精算しないといけないなぁと リビングに行くとマサさんという日本人のお兄さんがいた。
いや〜こんな所で日本語話せるなんて嬉しいですね〜なんて。
マサさんは仕事をやめて3週間くらいシンガポールからバンコクまで一人旅とのこと。
しかも偶然東京の方でローカルネタで盛り上がった。
なんて話してるとブラジル人のお兄さんが登場。
彼女と一緒に旅行中って言ってた。
話を聞くとびっくり。
ブラジルからオーストラリアで2年間いて、
そこで彼女と知り合い、今度は彼女の故郷のスロベニアだったかなぁ まで旅するって。 なんか規模が違うよなぁ。

夜10時過ぎると宿の人がビデオ上映するって言ってたので見に行くが 英語全く聞き取れず早々に退散。
おなか空いたので屋台があると書いてあったし マサさんと一緒に散歩がてら出かけた。
かなり迷ったが実はすぐ近くにあった。
行くともう深夜にも関わらず結構人がいて賑わっていた。
一人用の鉄板鍋に海鮮の具たっぷりのスープを頼んだ。
トムヤンクンをマサさんが頼んでたので ちょっともらうと超辛くて死にそうだった。
マレーシアはミルクティーが有名とかって書いてあったし せっかくだから注文したのだが・・・普通のミルクティーだった。
なんか名前があったのかなぁ・・・。
おなかも満たされたところで宿に戻り就寝 ・・・しようと思ったが 寝る時期を逸してしまいめぞん一刻読んでた。
まぁ明日は移動だけだし。


よろしければクリックしてください黒ハート

にほんブログ村



スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。